コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレシチャーギン Vereshchagin, Vasilii Vasil'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレシチャーギン
Vereshchagin, Vasilii Vasil'evich

[生]1842.10.26. チェレポベツ
[没]1904.4.13. ポートアーサー
ロシアの戦争画家。ペテルブルグの美術アカデミーを卒業後,パリで J.ジェロームに師事。コーカサス,クルイム,ドナウ河畔などの印象を描いた。ロシア=トルコ戦争に従軍して負傷して以来戦争画を描き,シリア,パレスチナにも旅行した。 1885~1903年にはロシア国内,アメリカ,日本を訪れ,日露戦争中に S.マカロフ提督の旗艦に乗船して死亡。主要作品は 1812年のナポレオンのロシア侵攻に取材した一連の作品。 87年にイギリスで回顧録が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベレシチャーギン【Vasilii Vasil’evich Vereshchagin】

1842‐1904
ロシアの戦争画家。ロシア西部のチェレポベツの大地主の家に生まれる。海軍幼年学校に入学するが,絵画にひかれて,1860‐63年ペテルブルグの美術アカデミーに学ぶ。64‐65年パリに留学し,ジェロームに師事する。露土戦争,日露戦争に従軍し,その体験から《戦争礼讃》(1871),《バルカン戦争》(1881)など,戦争の悲惨さを強烈な筆致で訴える作品を制作した。【浜田 靖子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベレシチャーギン
べれしちゃーぎん
Василий Васильевич Верещагин Vasiliy Vasil'evich Vereshchagin
(1842―1904)

ロシアの画家。ノブゴロド県下チェレポベツに生まれる。サンクト・ペテルブルグの美術アカデミーに学んだのち、パリに留学。ロシア国内はもとより、西ヨーロッパ、シリア、パレスチナ、インド、日本、アメリカなど世界各地を旅した。来日したときは日光を訪れ、スケッチを残している。ロシア・トルコ戦争、日露戦争に参加し、旅順港で戦艦ペトロパブロフスク号の沈没と運命をともにした。『トルキスタン戦争』(1867~73)、『バルカン戦争』(1878~81)など戦争画が多いが、「私は画家として全力をあげて戦争を非難する」とその立場を表明。代表作『戦争の結末』(1872、以上いずれもモスクワ、トレチャコフ美術館)は、戦場に積み上げられた頭蓋骨(ずがいこつ)の山を描いたもので、「過去・現在・未来のすべての征服者に捧(ささ)ぐ」という銘文がついている。従来の歴史画とは異なった戦争画を確立したといえる。[木村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android