コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベームステル干拓地 ベームステルカンタクチ

デジタル大辞泉の解説

ベームステル‐かんたくち【ベームステル干拓地】

Beemster Polder》アムステルダムの北約20キロメートルにあるオランダ最古の干拓地。1609年に着工、1612年に完成した。広さは約72平方キロメートルで、塩分が残ったため農地から牧草地に転用された。縦横に走る水路で区画された風景で知られる。1999年に「ドゥローフマーケライ‐デ‐ベームステル(ベームステル干拓地)」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベームステル干拓地【ベームステルかんたくち】

オランダ西部のノルト・ホラント州ベームステルにあるオランダ最古の干拓地。オランダ東インド会社の海外派遣の食料確保のため,風車を利用して水を排出し,干拓地を農地にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ベームステル干拓地の関連キーワードドゥローフマーケライ