コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンツォルト Penzoldt, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンツォルト
Penzoldt, Ernst

[生]1892.6.14. エルランゲン
[没]1955.2.27. ミュンヘン
ドイツの作家。美術大学出身で初めは彫刻家,画家として活躍。両世界大戦に看護兵として参加,辛酸をなめた。小説,戯曲,詩,随筆の全域にわたり,人間へのあたたかい目,上品なユーモア,絵画的彫塑的な描写を特徴とする。代表作,小説『哀れなチャタートン』 Der arme Chatterton (1928) ,『ポーウェンツ一族』 Die Powenzbande (30) ,短編集『甘い苦味』 Süsse Bitternis (51) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンツォルト
ぺんつぉると
Ernst Penzoldt
(1892―1955)

ドイツの小説家。エルランゲン生まれ。美術学校で学び、彫刻や絵画の作品もある。のち創作に移り、小説、詩、演劇など多彩な才能をみせ、晩年はミュンヘンの王宮劇場の演劇顧問。作家としては好んで傍流的な奇矯な人物をユーモラスな筆致で描いた。その最大の成功例が代表作『ポーベンツ一族』(1930)で、現代のピカレスク(悪漢)小説とされる。ほかに『哀れなチャタートン』(1928)、『モンブール伍長(ごちょう)』(1941)など。[青木順三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペンツォルトの関連キーワード6月14日

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android