コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンツォルト ペンツォルトPenzoldt, Ernst

2件 の用語解説(ペンツォルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンツォルト
ペンツォルト
Penzoldt, Ernst

[生]1892.6.14. エルランゲン
[没]1955.2.27. ミュンヘン
ドイツの作家。美術大学出身で初めは彫刻家,画家として活躍。両世界大戦に看護兵として参加,辛酸をなめた。小説,戯曲,詩,随筆の全域にわたり,人間へのあたたかい目,上品なユーモア,絵画的彫塑的な描写を特徴とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンツォルト
ぺんつぉると
Ernst Penzoldt
(1892―1955)

ドイツの小説家。エルランゲン生まれ。美術学校で学び、彫刻や絵画の作品もある。のち創作に移り、小説、詩、演劇など多彩な才能をみせ、晩年はミュンヘンの王宮劇場の演劇顧問。作家としては好んで傍流的な奇矯な人物をユーモラスな筆致で描いた。その最大の成功例が代表作『ポーベンツ一族』(1930)で、現代のピカレスク(悪漢)小説とされる。ほかに『哀れなチャタートン』(1928)、『モンブール伍長(ごちょう)』(1941)など。[青木順三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペンツォルトの関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史神の下の国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone