コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンツォルト ペンツォルト Penzoldt, Ernst

2件 の用語解説(ペンツォルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンツォルト
ペンツォルト
Penzoldt, Ernst

[生]1892.6.14. エルランゲン
[没]1955.2.27. ミュンヘン
ドイツの作家。美術大学出身で初めは彫刻家,画家として活躍。両世界大戦に看護兵として参加,辛酸をなめた。小説,戯曲,詩,随筆の全域にわたり,人間へのあたたかい目,上品なユーモア,絵画的彫塑的な描写を特徴とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンツォルト
ぺんつぉると
Ernst Penzoldt
(1892―1955)

ドイツの小説家。エルランゲン生まれ。美術学校で学び、彫刻や絵画の作品もある。のち創作に移り、小説、詩、演劇など多彩な才能をみせ、晩年はミュンヘンの王宮劇場の演劇顧問。作家としては好んで傍流的な奇矯な人物をユーモラスな筆致で描いた。その最大の成功例が代表作『ポーベンツ一族』(1930)で、現代のピカレスク(悪漢)小説とされる。ほかに『哀れなチャタートン』(1928)、『モンブール伍長(ごちょう)』(1941)など。[青木順三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンツォルトの関連キーワードエルランゲン学派ロートリンゲンフェルクリンゲンマイリンゲン那須高原SLランドネーデルラント室内管弦楽団ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団テンプルランエルランエルランゲン・プログラム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone