コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンフィールド Penfield, Wilder-Graves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンフィールド
Penfield, Wilder-Graves

[生]1891.1.26. アメリカ,ワシントン,スポーケン
[没]1976.4.5. カナダ,ケベック,モントリオール
カナダの脳神経外科医,神経生理学者。手術で露出した脳に電気刺激を与えるという方法を用いて,ヒトの大脳皮質の言語野,記憶野などの詳細な地図をつくった。プリンストン大学,ジョンズ・ホプキンズ医科大学に学び,モントリオール神経学研究所を創立し,のちに所長となった。 1943年イギリスのロイヤル・ソサエティ特別会員となり,50年メリット勲位を受けた。著書に"The cerebral cortex of Man" (1950) ,"Speech and Brain-Mechanisms" (59) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペンフィールド【Wilder Graves Penfield】

1891‐1976
カナダの脳外科医。プリンストン大学,ジョンズ・ホプキンズ大学,オックスフォード大学に学び,コロンビア大学で脳外科医になった。1928年,モントリオールのマックギル大学教授となり,34年にはモントリオール神経学研究所を設立した。初めから一貫して焦点性癲癇(てんかん)の外科的治療(皮膚切除療法)に従事,その際,患者の脳の各部位を電気刺激し,その結果生じる反応を詳細に調べ,さまざまな機能が大脳中に局在化していることを示し,ヒトの脳の〈機能地図〉を作り上げた(1952)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のペンフィールドの言及

【運動野】より

…これを運動の体部位局在という。ドイツのフェルスターO.Foerster(1936)とカナダのペンフィールドW.Penfield(1939)がヒトの運動野で体部位局在を調べた結果によると,中心前回の内側面は足指と足首に対応し,外側面では正中から順に下肢,軀幹,上肢,手,顔の領域が並び,ちょうどヒトが逆立ちしたような配列になっている。この配列は,中心後回の体性感覚野のそれとほぼ対称的である。…

※「ペンフィールド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペンフィールドの関連キーワード覚えることの限界――イメージの保存ジョンズ・ホプキンズ大学精神運動発作1月26日大脳生理学言語中枢ヘッブ