コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンリン城 ペンリンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ペンリン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ペンリン城】

Penrhyn Castle》英国ウェールズ北西部の町バンゴールの東郊にある城館。19世紀にスレートと砂糖貿易で財をなした実業家ジョージ=ドーキンズ=ペナントが、トマスホッパーの設計でノルマン朝時代の城を改築。現在はナショナルトラストが管理運営し、産業鉄道博物館・人形博物館などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペンリンじょう【ペンリン城】

イギリスのウェールズ北部のバンゴール(Bangor)郊外にある城郭。それほど古い城ではなく、約200年前の19世紀前半に、ジャマイカで砂糖きびのプランテーション奴隷貿易で成功した富豪ペンリン家が巨費を投じて建てた。バンゴールからバスで訪れることができる。この館は1951年に相続税の代わりとして物納され、現在はナショナルトラストが管理している。館内には石こうや石、木彫りの彫刻や家具や絵画のコレクションがある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ペンリン城の関連キーワード相葉ゆきこペンリン島ダラム城ドラム城トリム城パーク城ブレア城リーズ城リンチ城ロス城