コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイットニー山 ホイットニーさんMount Whitney

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイットニー山
ホイットニーさん
Mount Whitney

アメリカ合衆国カリフォルニア州中部シエラネバダ山脈中にある山。標高 4418m。氷河地形の発達はみられず,頂上は浸食を受けない平らな地形をなす。 1864年この山を望見した J.ホイットニーにちなんで名づけられ,73年 J.ルーカスらによって初登頂された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイットニー山
ほいっとにーさん
Mount Whitney

アメリカ合衆国、カリフォルニア州シエラ・ネバダ山脈の主峰。アラスカを除く合衆国の最高峰で、標高4418メートル。かつて頂部を覆った氷河の作用のため、きわめて険しく美しい山容を示す。北面に万年雪が現存する。1864年にカリフォルニア地質調査所が初めて測量し、隊長J・D・ホイットニーの名をとって命名された。1873年ルーカス隊が初登頂した。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例