コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイットニー山 ホイットニーさんMount Whitney

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイットニー山
ホイットニーさん
Mount Whitney

アメリカ合衆国,カリフォルニア州中部シエラネバダ山脈中にある山。標高 4418m。氷河地形の発達はみられず,頂上は浸食を受けない平らな地形をなす。 1864年この山を望見した J.ホイットニーにちなんで名づけられ,73年 J.ルーカスらによって初登頂された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイットニー山
ほいっとにーさん
Mount Whitney

アメリカ合衆国、カリフォルニア州シエラ・ネバダ山脈の主峰。アラスカを除く合衆国の最高峰で、標高4418メートル。かつて頂部を覆った氷河の作用のため、きわめて険しく美しい山容を示す。北面に万年雪が現存する。1864年にカリフォルニア地質調査所が初めて測量し、隊長J・D・ホイットニーの名をとって命名された。1873年ルーカス隊が初登頂した。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホイットニー山の関連キーワードシエラ・ネバダ山脈(アメリカ合衆国)シエラ・ネバダ[山脈]シエラ・ネバダ[山脈]カリフォルニア[州]ホイットニー[山]セコイア国立公園シャスタ[山]アメリカ合衆国デス・バレーシエラネバダ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android