コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウケイ(硼珪)酸ガラス ほうけいさんガラス

1件 の用語解説(ホウケイ(硼珪)酸ガラスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホウケイ(硼珪)酸ガラス【ほうけいさんガラス】

ケイ酸塩ガラスの一種。主成分ソーダNa2O,無水ホウ酸B2O3,シリカSiO2。無水ホウ酸(5〜25%)の添加によりガラス生成温度が低くなり,耐水性,耐酸性,電気的性質が良好になり,また熱膨張率が低下するため硬質ガラス,耐熱ガラスなどの主体とされる。
→関連項目ガラス硬質ガラス耐熱ガラス理化学用ガラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ホウケイ(硼珪)酸ガラスの関連キーワード板ガラスクラウンガラスソーダガラスソーダ石灰耐熱ガラス水ガラス硝子シリカガラスパイレックスガラスソーダ花崗岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone