コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホガエリガヤ Brylkinia caudata (Munro) F.Schm.

2件 の用語解説(ホガエリガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホガエリガヤ【Brylkinia caudata (Munro) F.Schm.】

亜高山帯の針葉樹林下にややまれなイネ科の多年草イラスト)。細く横にはう地下茎がある。茎は少数本が集まって小さい株をつくり,細く,高さは40~60cm,3,4個の節がある。葉は根生および茎の下部にあり,細い線形で,長さは10~20cm,幅は4~6mm,先はしだいに細く長くとがる。葉鞘(ようしよう)に細毛をしく。花序は5~7月に茎の頂に現れ,直立した単一の総状で,長さ15~20cmの中軸上の片側に15~20個の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホガエリガヤ
ほがえりがや / 穂反茅
[学]Brylkinia caudata Fr. Schm.

イネ科の多年草。根茎は細長く、稈(かん)は高さ20~40センチメートル。葉は軟弱である。5~7月、稈の先端に長さ10~20センチメートルの総状花序をつける。小穂は扁平(へんぺい)で長さ1.2~1.5センチメートル、柄は4~6ミリメートル、小花が3個ある。包穎(ほうえい)は小さく、下位の2小花は護穎だけで、上位の小花は直立した芒(のぎ)を出す。山奥の針葉樹林内に生え、北海道から九州、および中国、樺太(からふと)(サハリン)、千島に分布する。名は、小穂が反り返って花序の主軸につくことによる。本属は東アジアに1種あるのみである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホガエリガヤの関連キーワード針葉樹林森林限界タイガ亜高山帯菊戴二葉蘭布袋蘭小一薬草小一葉蘭竹縞蘭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone