コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホガエリガヤ Brylkinia caudata (Munro) F.Schm.

2件 の用語解説(ホガエリガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホガエリガヤ【Brylkinia caudata (Munro) F.Schm.】

亜高山帯の針葉樹林下にややまれなイネ科の多年草イラスト)。細く横にはう地下茎がある。茎は少数本が集まって小さい株をつくり,細く,高さは40~60cm,3,4個の節がある。葉は根生および茎の下部にあり,細い線形で,長さは10~20cm,幅は4~6mm,先はしだいに細く長くとがる。葉鞘(ようしよう)に細毛をしく。花序は5~7月に茎の頂に現れ,直立した単一の総状で,長さ15~20cmの中軸上の片側に15~20個の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホガエリガヤ
ほがえりがや / 穂反茅
[学]Brylkinia caudata Fr. Schm.

イネ科の多年草。根茎は細長く、稈(かん)は高さ20~40センチメートル。葉は軟弱である。5~7月、稈の先端に長さ10~20センチメートルの総状花序をつける。小穂は扁平(へんぺい)で長さ1.2~1.5センチメートル、柄は4~6ミリメートル、小花が3個ある。包穎(ほうえい)は小さく、下位の2小花は護穎だけで、上位の小花は直立した芒(のぎ)を出す。山奥の針葉樹林内に生え、北海道から九州、および中国、樺太(からふと)(サハリン)、千島に分布する。名は、小穂が反り返って花序の主軸につくことによる。本属は東アジアに1種あるのみである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone