コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスロー1世 ホスローいっせいKhusraw I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスロー1世
ホスローいっせい
Khusraw I

古代イラン,ササン朝の王 (在位 531~579) 。アヌーシールバーン (不死の魂をもつ者) と号し,ササン朝の最盛期を現出した。西はビザンチン帝国とときに戦い,ときに和し,東はエフタル族を滅ぼし,北はアムダリア (オクソス川) を越えてトルコ族を討ち,南は遠征軍を派遣してイエメンを占領した。国内では運河を開いて農業,灌漑に意を用い,貴族勢力を押えて行政機構を整備し,税制を改革して中央集権体制の確立に努めた。ゾロアスター教を信仰してマズダク教を排除したが,キリスト教には寛大であった。伝統文化を振興するとともに,インドやギリシアの書物を多数パフラビー語に翻訳させた。イスラム時代の諸制度に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホスロー1世の関連キーワード西・南アジア史(年表)タフテソレイマーンカリーラとディムナササン朝ペルシアホスロー[2世]コスロー(1世)ブズルグ・ミフル中東史(年表)オルミズド4世クテシフォンマルズバーンカワード1世デルベント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android