コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルサイコ

2件 の用語解説(ホタルサイコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホタルサイコ

ホタルソウとも。セリ科の多年草北海道〜九州,サハリンの山地の日当りのよいところにはえる。高さ1m内外。葉は互生し,披針状へら形,基部は広がって茎を抱き,下面は白っぽい

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホタルサイコ
ほたるさいこ / 蛍柴胡
[学]Bupleurum longiradiatum Turcz. var. breviradiatum Fr. Schm.

セリ科の多年草。茎は高さ0.5~1.5メートル。葉は広披針(こうひしん)形で茎を抱く。8~10月、黄色花を開く。山野の草原や岩石地に生え、本州から九州に分布する。形態的変異に富み、基本変種のオオホタルサイコは北海道、本州、九州および朝鮮半島、中国、シベリア東部に分布し、北海道には変種エゾホタルサイコとコガネサイコが分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホタルサイコの言及

【ミシマサイコ】より

… 中国で柴胡の名で薬用とされるものは,B.chinensis DC.やB.scorzonerifolium Willd.など数種があるといわれる。日本のミシマサイコに似て,全体大型で,葉の基部が茎を抱くホタルサイコB.longiradiatum Turcz.の根も薬用とされる。いずれもサポニン,ステロイドを含み,他の生薬と配合して肝機能障害,伝染性肝炎の消炎,解熱,解毒に応用される。…

※「ホタルサイコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホタルサイコの関連キーワード阿魏馬芹蛍草蛍柴胡舞鶴草岩袋蛍葛蛍袋オニユリセリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone