コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッコクアカエビ ホッコクアカエビ Pandalus eous; pink shrimp

4件 の用語解説(ホッコクアカエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッコクアカエビ
ホッコクアカエビ
Pandalus eous; pink shrimp

軟甲綱十脚目タラバエビ科。水産業上の重要種で,底引網で多量に漁獲される。生食すると甘みがあるためアマエビの名で流通しているが,体色が一様に朱赤色であることからアカエビ,ナンバンエビなどとも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホッコクアカエビ

ボタンエビ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ホッコクアカエビ

 [Pandalus eous].エビ目エビ亜目コエビ下目トヤマエビ属のエビ.体長13cmほど.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッコクアカエビ
ほっこくあかえび / 北国赤蝦
northern shrimp
[学]Pandalus borealis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目タラバエビ科に属するエビ。体長9センチメートルほどである。多量に漁獲され、アカエビ、トンガラシなど多くの地方名があるが、最近ではアマエビの名が通りがよく、刺身やすし種としてなじまれる。日本海全域から北東太平洋、大西洋北部まで広く分布しており、多くは水深150~300メートルで漁獲される。額角(がっかく)は頭胸甲の1.5倍もあり、上縁に12~16本(頭胸甲上に4、5本)の可動棘(きょく)、下縁に6~9本の不動棘をもっている。第2胸脚の腕節は60内外に分節している。第3腹節の背正中線上に1本の棘(とげ)がある。ほかのタラバエビ類と同様に、雄性先熟の性転換をするので、大形個体はすべて雌である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホッコクアカエビの関連キーワード軟甲類ハナサキガニ富山海老沼海老藜海老桜蝦芝海老牡丹海老ホッカイエビ(北海蝦)ホッコクアカエビ(北国赤蝦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホッコクアカエビの関連情報