コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホノリウス1世 ホノリウスいっせいHonorius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホノリウス1世
ホノリウスいっせい
Honorius I

[生]?. カンパーニア
[没]638.10.12.
カンパーニア出身の第70代教皇(在位 625~638)。教皇グレゴリウス1世の政策を継承し,イギリスにおけるアングロ・サクソン人への布教に尽力。サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂をはじめとする貴重なキリスト教建築の改修,再建に努めた。また三章書論争に端を発した東西の教会分裂を収束させた。治世中最大の問題は,東方教会で起こっていたキリスト単意説をめぐる論争であった。634年,コンスタンチノープル総大主教セルギウスに宛てた書簡のなかで「キリストは単一の意志をもつ」との考えを示したが,681年の第3回コンスタンチノープル公会議では単意説が異端とされ,すでに没していたホノリウス1世も単意説に理解を示したとして破門された。ホノリウス1世の破門は教皇不謬性が議論された 1869年の第1回バチカン公会議でも争点となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホノリウス1世の関連キーワードサンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ]セウェリヌスノバチアヌスヨハネス4世セルギオスレオ2世

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android