コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホブハウス ホブハウスHobhouse, Leonard Trelawny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホブハウス
Hobhouse, Leonard Trelawny

[生]1864.9.8. コーンウォール,セントアイブズ
[没]1929.6.21. オルヌ,アランソン
イギリスの哲学者,社会学者。オックスフォード大学卒業後,『マンチェスターガーディアン』紙記者,自由労働組合書記,『トリビューン』誌編集者を経て,1907年ロンドン大学社会学教授。彼の社会学説は,独特の倫理学的基礎づけと進化論的立場を取り,「修正」自由主義社会改良を結びつけた新しい自由主義を提唱した。主著『社会進化と政治理論』 Social Evolution and Political Theory (1911) ,『国家の形而上学的理論』 The Metaphysical Theory of the State (18) ,『社会発展論』 Social Development (24) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホブハウス

英国の哲学者,社会学者。ロンドン大学教授。社会ダーウィニズムの批判者,自由主義的社会進歩理論の提唱者。主著《道徳の進化》(1906年),《自由主義》(1911年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホブハウス【Leonard Trelawney Hobhouse】

1864‐1929
イギリス講壇社会学の創始者。哲学者,倫理学者としても名高い。オックスフォード大学で古典学を修め1887年からチューター,その後97年《マンチェスター・ガーディアン》紙主筆,1904年《トリビューン》紙の編集者を経て,07年ロンドン大学社会学教授に就任。翌年,学会誌《Sociological Review》を創刊,イギリス社会学会の中心的人物となる。 ホブハウスは,1880年代のイギリスで最盛期を迎えた思想でしかも経済的搾取と帝国主義膨張政策を正当化した社会ダーウィニズムJ.A.ホブソンらとともに厳しく告発する一方,H.スペンサー個人主義と生物学的進化論を批判して新たな社会進歩の理論を構想した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホブハウス
ほぶはうす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホブハウスの関連キーワード元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ペドロ[2世]ロダンエリオット長坂クララノーマン池田屋惣兵衛入江九一