コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会改良 しゃかいかいりょうsocial reform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会改良
しゃかいかいりょう
social reform

社会組織の全体的な変革目標とする社会変革ないし社会革命に対して,その部分的な変革を目標とするもの。この場合次のような2つの方向がある。 (1) 社会組織全体は必ずしも打破するに及ばず,根本的には既存の社会組織の支配の原理を尊重し,これに順応して改革,改良を行おうとする場合,(2) 社会組織の全体的変革を認めながら,しかも方法的には一挙にこれを実現しようとせず,合法的に部分的変革を行い漸進的にその目標を達成しようとする場合。前者がいわゆる改良主義であり,後者の代表がフェビアン主義である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいかいりょう【社会改良】

マルクス主義の場合とは異なって,資本主義社会の社会問題を部分的な修正と漸進的な方法を積み重ねることによって解決することができるし,またそうすることが望ましいと考える広義の社会主義思想およびその運動を意味する。こうした社会改良の思想と運動は,19世紀後半から20世紀初頭にかけて大きな勢いをえた。代表的なものに,たとえばイギリスのフェビアン主義やE.ベルンシュタインらの社会修正主義などがある。その後の社会改良(主義)の展開は,一方では資本主義諸国における社会民主主義の浸透や社民党政権の樹立によって,他方ではニューディールケインズ政策,さらに福祉国家の登場といった要因によって促進されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会改良の関連キーワードトインビー(Arnold Toynbee(1852―83))サミュエル・オーガスタス バーネットリチャード・セアドア イーリエドワード カーペンタープンタ・デル・エステ憲章アーノルド トインビーキリスト教社会主義日本フェビアン協会J. ラングベーンチャールズ ブースシオドア パーカーウィルバーフォースジョン コモンズテクノクラシーオルムステッドルクセンブルクフェビアニズムカーペンター社会問題研究マルクス主義

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会改良の関連情報