コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホメイニ Ayatollah Ruhollah Khomeini

大辞林 第三版の解説

ホメイニ【Ayatollah Ruhollah Khomeini】

1902~1989) イランのイスラム教シーア派指導者。1979年のイラン革命後、イラン-イスラム共和国を成立させ、イスラム革命を指導。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホメイニ
al-Khomeinī, Ruh-allah al-Mūsawī; Ayatollah Ruhollah Khomeini

[生]1902.9.24. ホメイン
[没]1989.6.3. テヘラン
イランの宗教・政治指導者。イランの小村ホメインで祖父,父ともにイスラム教シーア派の聖職者の家系に生れる。幼少のとき父母を失い,伯母に育てられ,聖都コムでイスラム神学教育を受ける。 26年からコムの神学校で教え,哲学,法学,倫理などに関する多くの書を著わす。 63年国王ムハンマド・レザー・シャー (パーレビ) の近代化政策に反対,投獄されたのち,64年国外追放となり,トルコへ移る。 65年イラクに移り,シーア派の聖地ナジャフで「ヴェラーヤテ・ファギーフ」 (イスラム法学者による統治) 論を説き,反王制運動を呼びかける。 78年イラクから追放され,パリ郊外に居を定めて反王制運動をさらに活発化。 79年2月1日,国王退去後のイランに帰国し,イスラム革命を指導。 79年 12月に成立したイスラム共和国憲法により,国家の最高指導者の地位についたが,これは「ヴェラーヤテ・ファギーフ」論を実現したもの。その後,国内の反対勢力を一掃して聖俗両面で頂点に立つ。 80年9月に始った対イラク戦を国家間の戦争ではなく,イスラムの信者と不信心なやからとの戦いと規定し,フセイン政権打倒まで徹底的に戦う決意を示す。しかし 88年7月 20日,「毒を飲むような決断」との特別声明を発表して国連安保理停戦決議を受諾。 89年2月 14日,インド出身のイギリス人作家 S.ラシュディが書いた小説『悪魔の詩』がイスラムを冒とくするものとして,ラシュディの処刑を全イスラム教徒に呼びかける。徹底したイスラムへの回帰の主張とカリスマ性により,世界中のイスラム復古主義運動に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホメイニ
ほめいに
Rhallah al-Mousavi Khomeyn
(1900―1989)

イスラム教シーア派の高名な法学者、大アヤトッラー(シーア派最高宗教指導者の称号)の一人であり、イラン・イスラム共和国の初代最高指導者。イラン中部アラーク市近郊のホメイニ村で生まれ、父は宗教指導者で地主であった。アラーク、コムの神学校でハーエリ・ヤズディに学ぶ。1922年の同師のコムへの移動とともにコムに移り、1936年コーラン解釈権の認められるムジュタヒドに昇格した。1961年にはアヤトッラーであるボルジェルディーusayn Burjirdi死去後、書物を出版しアヤトッラーの資格を得て、過激なイスラム主義の指導者としての地位を確立した。1963年にはパーレビ(パフラビー)国王の農地改革と弾圧政治に強く反対したため、逮捕された。翌1964年4月には釈放されたが、反対運動を再開したため11月にトルコのブルサ市に追放された。1年後、シーア派の聖地、イラクのナジャフに移り、親西欧的なパーレビに反対しイラン建国2500年祭を非難した。1970年に『イスラム政権――神権政治論集』を出版し、同著書は革命後のイラン政治体制の礎(いしずえ)となった。1975年イランが一党制になったことへの批判を強め、巡礼者を通じたホメイニの演説テープの流入がイラン革命の引き金になった。1978年には反パーレビ演説を行ったため、イランと関係改善を希望したイラクのサダム・フセインにより追放され、11月にパリに移動した。1979年2月、イラン・イスラム革命の勝利によって帰国した。
 革命後に、最高指導者となったホメイニは、穏健派のバザルガン、バニサドルを解任し、強硬な原理主義を貫いてイスラム体制を維持強化した。同時に、穏健派と強硬派を交互に調整し新体制を維持した。しかし、1987年にはイスラム共和党を解散させ、翌1988年7月に国連決議を受け入れ「毒を飲むよりつらい」と表現しつつ、イラクとの停戦を受諾した。この時期、イラン経済は革命以来もっとも深刻な事態に陥っていた。1989年の死去後、その後継はハメネイが選ばれ、コム郊外にはホメイニのための大きな廟(びょう)がつくられた。[加納弘勝]
『共同通信社訳・刊『ホメイニわが革命』(1980) ▽H・ヌスバウマー著、アジア現代史研究所訳『ホメイニー』(1981・社会思想社) ▽加納弘勝・駒野欽一著『イラン1940―1980 現地資料が語る40年』(1982・中東調査会) ▽富田健次著『アーヤトッラーたちのイラン――イスラーム政治体制の矛盾と展開』(1993・第三書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホメイニの関連キーワードアリ・アクバル・ハシェミ ラフサンジャニイラン革命と米大使館占拠人質事件エマーム・ホメイニー国際空港アリ・ホセイン ハメネイH.’A. モンタゼリーイスラム共和党[イラン]モハマド レザ・ハタミ筑波大助教授殺人事件サルマン ラシュディA.H. バニサドルベラヤティファギーイスラム革命記念日アフマディネジャドイラン=イラク戦争メフラバード空港S. バクチアルアブムサ島領有権『悪魔の詩』事件イラン大統領選ホメイニ師命日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホメイニの関連情報