コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルスタイン ホルスタイン〈ドイツ〉Holstein

3件 の用語解説(ホルスタインの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホルスタイン(〈ドイツ〉Holstein)

家畜の牛の一品種。オランダフリースラント地方およびドイツホルシュタイン地方の原産の乳牛。毛色は白と黒の斑。乳量が多い。日本で最も多く飼育。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ホルスタイン【Holstein】

ウシの一品種。オランダ原産の代表的乳牛。雌は体高約140センチメートル、体重650キログラムほどで、雄は一回り大きい。毛色は白と黒のまだらで、乳房が大きく、乳量が非常に多い。全世界で飼育。ホルスタイン-フリージアン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルスタイン
ほるすたいん
Holstein

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ウシの一品種で、オランダおよびドイツ北部原産の代表的な黒白斑(はん)の乳牛である。ドイツで泌乳能力と産肉性の両者について改良された黒白斑牛Schwarz Bunteがヨーロッパ各国へ広まり、デンマーク黒白斑牛Danish Black and White、ピエノアールPie-Noireなどが成立した。イギリスではオランダの黒白斑牛の泌乳能力が改良され、ブリティッシュフリーシアンBritish Friesianが成立した。アメリカではドイツから輸入したホルスタインとオランダのフリーシアンを合併してホルスタインフリーシアンHolstein-Friesianとし、乳用種として改良した。日本では1885年(明治18)に初めてアメリカのホルスタイン協会から輸入したので協会の名称をとってこれをホルスタインと称し、それ以後世界各国から各種の種牛が多数輸入されて改良が行われてきたが、これらすべての黒白斑牛を総称して単にホルスタインとよんでいる。毛色は赤白斑もまれにみられる。大形で、乳量は乳用種では最高の年約6000キロ、乳脂率は3.4%でやや低い。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルスタインの関連情報