コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホログラム ホログラムhologram

翻訳|hologram

3件 の用語解説(ホログラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホログラム
ホログラム
hologram

ホログラフィーの目的で被写体の情報を干渉縞として写真に記録したもの。そのままでは,もやもやした模様だけのもので,被写体の形はわからない。これを再生するにはもとの光源で照らしてやればよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホログラム(hologram)

ホログラフィーによる干渉縞を記録したもの。物体に光を当てたその反射光に、同じ光源の光を別の角度から干渉させてできる干渉縞を記録した感光材料を指す。クレジットカードや商品券などに偽造防止のために印刷されるほか、近年はイメージセンサーデジタル画像として記録し、コンピューターで元の画像を得ることが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ホログラム【hologram】

ホログラフィーを応用し、特殊なフィルムやプラスチック板の上にレーザー-ビームを使って立体画像をプリントしたもの。光線をあてると、立体画像が再現される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のホログラムの言及

【光】より

…たてに長い開口を例にとって回折の強度分布を説明すると,中心のもっとも明るい部分は開口のすべての部分からの光がほとんど同じ位相で重ね合わされたところ,最初の暗部は開口の長さの半分だけ離れた開口上の2点からの光の光路差が半波長で,開口の上半分からの光と,下半分からの光とが干渉して消えてしまうところであり,第2の明るい部分は開口を三等分して,そのうちの二つを通る光が干渉して消し合い,残り一つを通る光で光の強度が決まるところである。 物体によるフレネルの回折波に,この光とよく干渉する平行光を参照光として重ね合わせて干渉縞を作り,写真乾板に記録したものをホログラムhorogramという。ホログラムに平行光を入射すると,直進する透過光のほかに,先ほどのフレネルの回折波が出てくる。…

【レーザー】より

… 光情報処理技術もレーザーにより大きく進展した。その中心はレンズを用いたアナログフーリエ変換の手法と光の複素振幅の記録を可能にしたホログラムである。前者に関しては画像を回折現象によりフーリエ変換像にして,空間周波数スペクトルに分解し,マッチドフィルターを通して,信号対雑音比を改良したり,また非線形光学素子を組み合わせた光論理演算器の研究が進んでいる。…

※「ホログラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホログラムの関連情報