ホワイト(読み)ほわいと(英語表記)Patrick Victor Martindale White

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイト(Patrick Victor Martindale White)
ほわいと
Patrick Victor Martindale White
(1912―1990)

オーストラリアの小説家、劇作家。シドニー近郊の牧場主の両親がロンドン滞在中に出生。牧場主見習(ジャカルー)生活2年後の1932~35年、ケンブリッジ大学近代語学部に学ぶ。在学中に詩集『13編の詩』(1930)、『耕す人ほか』(1935)を自費出版。以来46年まで、第二次世界大戦中イギリス空軍情報士官としてギリシア、中東駐在の5年間と数次の欧米旅行を含めて、14年間離国していた。この前後に、処女長編『ハッピー・バレー(幸福谷)』(1939)、『生者と死者』(1941)、『伯母物語』(1948)、『人間の木』(1955)、『ボス』(1957)、『戦車の乗員たち』(1961)などをイギリス、アメリカで刊行。この国の写実主義文学の伝統に、欧米の心理小説の流れを導入し、国内で3種の文学賞を4作品で受賞。続いて『まさしく曼陀羅(まんだら)』(1966)、『生体解剖者』(1970)に次ぐ『台風の目』(1973)を刊行直後に、ノーベル文学賞を受賞する。以後も『周辺の木の葉』(1976)、『トワイボン・アフェア』(1979)と着実に創作活動が続き、回想記『放蕩(ほうとう)息子』(1958)と自伝『鏡のひび割れ――自画像』(1980)も刊行した。ほかに短編集『火傷(やけど)した人々』(1964)と『コカトー(小地主)』(1974)、劇作に『戯曲四種』(1965)、『大きな玩具(がんぐ)』(1978)、『信号操縦者』(1983)などがある。[平松幹夫・古宇田敦子]
『岩渕寿津訳『伯母物語』(『ノーベル賞文学全集26』所収・1976・主婦の友社) ▽越智道雄訳『ヴォス――オーストラリア探検家の物語』上下、改訂新版(1997・サイマル出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホワイトの関連情報