ホールインワン

百科事典マイペディア「ホールインワン」の解説

ホールインワン

ゴルフ競技において,ティーグラウンド(最初に球を打ち出す場所)からの第1打を直接カップインさせること。別名エース確率は2万分の1とされる。日本ではホールインワンを出すと,パーティを開いたり,記念品を出すなど大散財することになっているため,〈ホールインワン保険〉というものがある。アルバトロスalbatross(パーより3打少なくホールアウトすること)を出したときもその対象となっていることが多い。→ゴルフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホールインワン」の解説

ホールインワン
hole in one

ゴルフで文字どおり第1打がホールに入ること。スコアが1であることからエースともいわれる。日本ではエースを記録した本人が,同伴競技者や見届けた前後のプレーヤー,キャディに祝い酒や記念品をふるまう習慣があり,ゴルフ用の保険としてホールインワン保険も提供されている。確率的にはアマチュアが3万回に1回,プロでは 3000回に1回といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ホールインワン」の解説

ホール‐イン‐ワン

〘名〙 (hole in one) ゴルフで、ボールがティーグラウンドからの最初の一打でホールにはいること。
※塗りこめた声(1961)〈曾野綾子〉一一「フロントのカウンターの上には、ホール・イン・ワンのボールが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「ホールインワン」の解説

ホールインワン

ティーショットが直接カップインすること。エース。プロで数千分の一、一般プレーヤーでは数万分の一の確率。日本では達成者が記念品を配る慣習があるため、ホールインワン保険も存在する。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典内のホールインワンの言及

【ゴルフ】より

…18ホールのコースは,普通はパー3のショート・ホールが4,パー4のミドル・ホールが10,パー5のロング・ホールが4で,パーの合計が72になるようにつくられている。なおパーより1打少なくホールアウトした場合をバーディbirdie,2打少ない場合をイーグルeagle,3打少ない場合をアルバトロスalbatrossといい,パー3のショート・ホールの1打がカップインした場合をホールインワンという。パーより1打多い場合をボギーbogey,2打多い場合をダブルボギーdouble bogey,3打多い場合をトリプルボギーtriple bogeyという。…

※「ホールインワン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android