コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールボディカウンター ほーるぼでぃかうんたー Whole Body Counter

1件 の用語解説(ホールボディカウンターの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ホールボディカウンター

体の中に取り込まれ沈着した放射性物質から漏れ出る放射線を、体の外側から検出し、その線量を測定する装置のこと。ヒューマンカウンター、あるいは全身カウンターとも言う。これに対し、特定の部位から放出される放射線量を測る装置としては、甲状腺に沈着した放射性ヨウ素を測定する甲状腺モニターや、肺に沈着したプルトニウムを測定する肺モニターがある。
ホールボディカウンターは、放射線が特定の物質に当たると光を発する性質を利用するNaI(TI)シンチレーション検出器、または放射線が物質をイオン化する性質を利用するゲルマニウム半導体検出器を搭載している。NaIシンチレーション検出器による装置は数分間でガンマ線を測定することができ、スクリーニングによく用いられる。一方、ゲルマニウム半導体検出器による測定では、セシウム-137、マンガン-54、コバルト-60といったガンマ線を放出する核種をより正確に知ることができる。いずれの検出器による場合でも、自然環境中にある宇宙線などの放射線を避けるために、鉛や鉄で完全に遮蔽(しゃへい)された空間で測定しなければならない。
身体内部の放射性物質から持続的に低線量の放射線が放出されて身体の各組織が影響を受けることを、内部被曝(ひばく)、または低線量被曝と言い、その程度を知るためにホールボディカウンターによる測定は不可欠だが、数値については、測定環境やそれぞれの核種の被曝推定日時、摂取経路、被験者の体格・体重など、様々な条件を勘案して判断する必要がある。

(石川れい子  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホールボディカウンターの関連キーワード外部被曝除染放射性沃素残留放射性物質残留放射能自然放射線ホールボディーカウンター甲状腺がんと放射性ヨウ素外部被曝と内部被曝放射性セシウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホールボディカウンターの関連情報