コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低線量被曝 ていせんりょうひばくlow dose exposure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低線量被曝
ていせんりょうひばく
low dose exposure

通常の放射線利用で受ける線量で問題になる健康面での影響は,癌および遺伝的影響の発生の確率が高くなるのではないかという点である。広島・長崎の原爆被爆者疫学調査結果では,被曝線量が 200mGyを超える場合には,線量の増加に伴い有意な癌の増加が認められるが,200mGy以下の低線量域では統計的に有意な増加は認められていない。この十分な疫学集団の得られていない低線量域についての考え方は,放射線・原子力利用における論点の一つになっている。すなわち,癌と遺伝的影響に関してはしきい線量が存在しないという考え方,リスクという確率的概念を導入して受容の可否を論じる考え方,しきい線量が存在し被曝をそれ以下に抑えればよいという考え方,被曝そのものを認めない考え方,放射線が低線量の場合健康にはかえってよい効果を与えるとする考え方 (放射線ホルミシス効果) など,多くの議論がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

低線量被曝の関連情報