コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホール素子 ホールそしHall element

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホール素子
ホールそし
Hall element

ホール効果を応用して計測や演算を行なう固体素子のことで,ホール発電器と呼ぶこともある。ホール素子はホール起電力が大きく,その温度依存性の小さい材料でつくられる。ゲルマニウム,シリコン,インジウム・アンチモンインジウムヒ素,ヒ化ガリウムなどが用いられる。ホール起電力を大きくするために材料はできるだけ薄くすることが望ましい。大別して次の三つの使用法がある。 (1) 磁束計,変位計など磁界比例性を利用するもの。 (2) 電力計,アナログ演算器など乗算作用を利用するもの。 (3) ジャイレータ,アイソレータなど非可逆性を利用するもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホール‐そし【ホール素子】

ホール効果を利用して磁場を検出する半導体素子。一般的にインジウムアンチモン(InSb)やゲルマニウムが使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホール素子
ほーるそし
Hall element

磁場と電流の相互作用によるホール効果によって、固体内で両者に直角な方向に発生する電圧を利用する素子。ホール発電器ともいう。
 もっとも簡単なホール素子は、長方形の半導体薄片の二側面に電流端子を、それらと直交する他の側面の中央部付近に電圧電極をつけ、薄片面に直角に磁束を加える構造となっている。このとき発生するホール起電力は、磁束密度、電流端子の印加電圧、キャリアの移動度に比例するので、感度のよいホール素子をつくるには、移動度の大きい半導体を用いる必要がある。ホール素子はゲルマニウム、シリコンを用いてもつくることができるが、移動度の大きいインジウム・アンチモン、インジウム・ヒ素、ガリウム・ヒ素などを用いると高感度の素子をつくることができる。この素子は、出力が磁場と電流の積に比例する性質などを用いて、磁場の測定や磁気センサーのほか電流計、磁気ヘッド、マイクロ波電力計などに使われる。[右高正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホール素子の言及

【ガウスメーター】より

…原理としてホール効果を用いたものが多い。磁場に挿入する測定用プローブには,ゲルマニウムGe,アンチモン化インジウムInSb,ヒ化インジウムInAsのような半導体薄片(3×2×0.2mm程度)からなるホール素子(ホール発電器)を用いる。磁束密度Bの磁場を素子の厚さtの方向に加え,磁場と直角方向に電流Iを流せば,両者に直角方向に電圧Vが発生し,で表せる。…

【半導体】より

…ホール効果を利用すると,磁界の強さを測定することができる。そのような目的のために作られた装置,すなわちデバイスをホール素子という。 ホール素子のように,n型半導体またはp型半導体だけでもできるデバイスはあるが,両者を組み合わせることにより,さまざまなデバイスが作られている。…

※「ホール素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホール素子の関連キーワードIIIマグネトダイオード無接点スイッチセンサレス制御ガウスメーター化合物半導体計器用変成器半田ビーズセンサー磁力計半導体磁束

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android