コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホール素子 ホールそしHall element

3件 の用語解説(ホール素子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホール素子
ホールそし
Hall element

ホール効果を応用して計測や演算を行なう固体素子のことで,ホール発電器と呼ぶこともある。ホール素子ホール起電力が大きく,その温度依存性の小さい材料でつくられる。ゲルマニウムシリコンインジウムアンチモン,インジウムヒ素,ヒ化ガリウムなどが用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホール素子
ほーるそし
Hall element

磁場と電流の相互作用によるホール効果によって、固体内で両者に直角な方向に発生する電圧を利用する素子。ホール発電器ともいう。
 もっとも簡単なホール素子は、長方形の半導体薄片の二側面に電流端子を、それらと直交する他の側面の中央部付近に電圧電極をつけ、薄片面に直角に磁束を加える構造となっている。このとき発生するホール起電力は、磁束密度、電流端子の印加電圧、キャリアの移動度に比例するので、感度のよいホール素子をつくるには、移動度の大きい半導体を用いる必要がある。ホール素子はゲルマニウム、シリコンを用いてもつくることができるが、移動度の大きいインジウム・アンチモン、インジウム・ヒ素、ガリウム・ヒ素などを用いると高感度の素子をつくることができる。この素子は、出力が磁場と電流の積に比例する性質などを用いて、磁場の測定や磁気センサーのほか電流計、磁気ヘッド、マイクロ波電力計などに使われる。[右高正俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホール素子の言及

【ガウスメーター】より

…原理としてホール効果を用いたものが多い。磁場に挿入する測定用プローブには,ゲルマニウムGe,アンチモン化インジウムInSb,ヒ化インジウムInAsのような半導体薄片(3×2×0.2mm程度)からなるホール素子(ホール発電器)を用いる。磁束密度Bの磁場を素子の厚さtの方向に加え,磁場と直角方向に電流Iを流せば,両者に直角方向に電圧Vが発生し,で表せる。…

【半導体】より

…ホール効果を利用すると,磁界の強さを測定することができる。そのような目的のために作られた装置,すなわちデバイスをホール素子という。 ホール素子のように,n型半導体またはp型半導体だけでもできるデバイスはあるが,両者を組み合わせることにより,さまざまなデバイスが作られている。…

※「ホール素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホール素子の関連情報