コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁束計 じそくけいmagnetic flux meter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁束計
じそくけい
magnetic flux meter

磁束の大きさ,または磁束密度を測定する装置磁化の測定にも利用される。コイル中に挿入した試料による磁束の変化を,電磁誘導により二次コイルに生じる起電力の積分値として読取る。磁束の時間的変化はコイル中の電流に比例するが,この電流を弾動検流計によって積分した簡単なものから,光電管,検流計,電子回路を組合せて磁化曲線を自動的に記録させるものまである。磁束変化の与え方に一次コイルの電流を変えて磁場を段階的に増加させる方法,一定磁場の中で試料または二次コイルを引抜く方法がある。ほかに,ホール素子磁力計など磁力計として使われるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じそくけい【磁束計 fluxmeter】

磁束の大きさおよびその変化を測定する測定器。さぐりコイルと振動検流計,または検流計に類似した原理の磁束計を使った方法が用いられてきた。最近ではさぐりコイルを通過する磁束の変化によって,コイルに発生する電圧を,コンデンサーと抵抗と計測用増幅器よりなる積分器で積分し,出力電圧をアナログ表示,またはアナログ‐ディジタル変換器,電圧‐周波数変換器を用いてディジタル表示する磁束計が多く用いられる。このほか磁束変化によって発生する電圧を電圧計で表示する磁束計がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁束計
じそくけい

コイルや鉄心などを通る磁束の量(国際単位系=SI単位はウェーバーWb)またはその変化を測定する計器。磁場の強さ(SI単位はアンペア毎メートルA/m)を測定する磁力計と類似しているが、磁力計が空間における磁場の強さと方向を測定する計器であるのに対し、磁束計は特定の物体中を通る磁束の総量を測定するものであり、たとえば変圧器の鉄心などの磁性材料の特性(磁化率、ヒステリシス=履歴現象など)の測定に用いられる。原理としては、磁束の時間的変化によって検出コイル中に誘導される起電力を積分して表示するもので、測定の目的や必要精度に応じていろいろな型式がある。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

磁束計の関連キーワードジョセフソン効果ホール素子磁束量子センサースクイド検電器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android