コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁束計 じそくけい magnetic flux meter

4件 の用語解説(磁束計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁束計
じそくけい
magnetic flux meter

磁束の大きさ,または磁束密度を測定する装置。磁化の測定にも利用される。コイル中に挿入した試料による磁束の変化を,電磁誘導により二次コイルに生じる起電力の積分値として読取る。磁束の時間的変化はコイル中の電流に比例するが,この電流を弾動検流計によって積分した簡単なものから,光電管,検流計,電子回路を組合せて磁化曲線自動的に記録させるものまである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じそく‐けい【磁束計】

電磁誘導の法則を利用して、磁束の大きさを測定する装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じそくけい【磁束計 fluxmeter】

磁束の大きさおよびその変化を測定する測定器。さぐりコイルと振動検流計,または検流計に類似した原理の磁束計を使った方法が用いられてきた。最近ではさぐりコイルを通過する磁束の変化によって,コイルに発生する電圧を,コンデンサーと抵抗と計測用増幅器よりなる積分器で積分し,出力電圧をアナログ表示,またはアナログ‐ディジタル変換器,電圧‐周波数変換器を用いてディジタル表示する磁束計が多く用いられる。このほか磁束変化によって発生する電圧を電圧計で表示する磁束計がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁束計
じそくけい

コイルや鉄心などを通る磁束の量(国際単位系SI単位ウェーバーWb)またはその変化を測定する計器。磁場の強さ(SI単位はアンペア毎メートルA/m)を測定する磁力計と類似しているが、磁力計が空間における磁場の強さと方向を測定する計器であるのに対し、磁束計は特定の物体中を通る磁束の総量を測定するものであり、たとえば変圧器の鉄心などの磁性材料の特性(磁化率、ヒステリシス履歴現象など)の測定に用いられる。原理としては、磁束の時間的変化によって検出コイル中に誘導される起電力を積分して表示するもので、測定の目的や必要精度に応じていろいろな型式がある。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁束計の関連キーワード測定体力テストファラデーの電磁誘導の法則熱天秤エアマイクロメーターpHメーター呼吸試験四肢周囲測定水分計最大換気量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone