コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーレン Die Horen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーレン
Die Horen

ドイツ古典主義時代の最も重要な文芸雑誌。月刊。 1795~97年テュービンゲンのコッタ書店から,シラーの編集により発行。宗教や政治に関するテーマを排除し,教養と研究のための文芸雑誌を目指した。寄稿者にはシラーのほか,ゲーテ,ヘルダー,フィヒテヘルダーリーンなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホーレン【Horen】

ドイツ古典主義文学の最も重要な月刊文芸雑誌(1795‐97)。〈ホーレン〉とは,ギリシア神話の季節と秩序の女神ホーライのドイツ語形。1793年夏故郷シュワーベンを訪ねたシラーは,チュービンゲンの出版者コッタとこの雑誌の出版契約を結んだ。94年イェーナに帰着後ゲーテと決定的な交友関係に入り,その協力を得て発刊に至った。本誌の目的は,〈文学界の消息を伝えその育成を図り,学界の自由な真理の探究と実り多い意見交換のため〉であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホーレンの関連キーワードマティアス・フォン シュテークマンシュレーゲル(兄弟)ローマのエレギー素朴と情感の文学ミニアチュールシュメリングクネーベル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホーレンの関連情報