コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウラン Luisia teves (Thunb.) Bl.

2件 の用語解説(ボウランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボウラン【Luisia teves (Thunb.) Bl.】

常緑の着生ラン。葉が棒状であるため,この和名がつけられた。茎は葉鞘(ようしよう)に包まれている。葉は2列に互生し,細長い円柱状,長さ10cm前後,径3~4mm。7~8月,葉腋(ようえき)に1~4花をつける。花は径1cm前後,萼片と花弁は淡緑色。唇弁は黒褐色をおび,基部に小さな側裂片があり,中裂片は先端で浅く2裂する。距はない。本州中部以西の西日本,琉球,台湾,中国に分布し,暖温帯林の樹上に着生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウラン
ぼうらん / 棒蘭
[学]Luisia teres (Thunb.) Bl.

ラン科の常緑多年草。茎は高さ20~40センチメートルで、葉鞘(ようしょう)に包まれる。葉は2列に互生し、長さ6~12センチメートル、径3~4ミリメートル、多肉質で棒状を呈する。名は、この葉の形に由来する。7~8月、葉腋(ようえき)に径約1センチメートルの花を数個開く。花弁、萼片(がくへん)はともに淡緑色、唇弁は黒褐色を帯び、基部に小さな側裂片がある。暖温帯の樹上に着生し、中部地方以西の本州から沖縄、および中国に分布する。小笠原(おがさわら)には近縁種ムニンボウランが分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボウランの関連キーワードオンシジウム猪の手石斛常緑蛸の木棒蘭なんかくらん緑の鈴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボウランの関連情報