コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウラン Luisia teves (Thunb.) Bl.

世界大百科事典 第2版の解説

ボウラン【Luisia teves (Thunb.) Bl.】

常緑の着生ラン。葉が棒状であるため,この和名がつけられた。茎は葉鞘(ようしよう)に包まれている。葉は2列に互生し,細長い円柱状,長さ10cm前後,径3~4mm。7~8月,葉腋(ようえき)に1~4花をつける。花は径1cm前後,萼片花弁は淡緑色。唇弁黒褐色をおび,基部に小さな側裂片があり,中裂片は先端で浅く2裂する。距はない。本州中部以西の西日本,琉球,台湾,中国に分布し,暖温帯林樹上に着生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウラン
ぼうらん / 棒蘭
[学]Luisia teres (Thunb.) Bl.

ラン科の常緑多年草。茎は高さ20~40センチメートルで、葉鞘(ようしょう)に包まれる。葉は2列に互生し、長さ6~12センチメートル、径3~4ミリメートル、多肉質で棒状を呈する。名は、この葉の形に由来する。7~8月、葉腋(ようえき)に径約1センチメートルの花を数個開く。花弁、萼片(がくへん)はともに淡緑色、唇弁は黒褐色を帯び、基部に小さな側裂片がある。暖温帯の樹上に着生し、中部地方以西の本州から沖縄、および中国に分布する。小笠原(おがさわら)には近縁種ムニンボウランが分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボウランの関連キーワードT.レックス海松蘭鷲敷井上松蘭

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボウランの関連情報