纏綿(読み)テンメン

デジタル大辞泉の解説

てん‐めん【×纏綿】

[名](スル)
からみつくこと。「蔦(つた)が木に纏綿する」「選手の移籍に纏綿する問題」
複雑に入り組んでいること。
「其娘さんはある―した事情のために」〈漱石行人
[ト・タル][文][形動タリ]心にまつわりついて離れないさま。「情緒纏綿として去りがたい」
「人生に対する透徹なる批判と、―たる執着と」〈倉田愛と認識との出発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐めん【纏綿】

〘名〙
① (━する) 物がまつわりつくこと。からみつくこと。
※菅家文草(900頃)五・徐公酔臥詩「赤松計会新来客、玄草綿旧著衣」
※続々金色夜叉(1899‐1902)〈尾崎紅葉〉二「其の大いなる影の冥想の間に纏綿して」
② (形動タリ) 情緒が深く離れがたいこと。また、そのさま。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「筆亦繊細而潤。纏綿不浮」
※珊瑚集(1913)〈永井荷風訳〉告白「然るに纏綿(テンメン)たる哀傷の心切にして」 〔潘岳‐西征賦〕
③ (形動タリ) 話などが、いつ終わるともなく続くこと。また、そのさま。
※篁園全集(1844)三・歳暮書懐「呵毫写幽衷、纏綿字五百」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android