ボストンテリア(読み)ぼすとんてりあ(英語表記)Boston terrier

翻訳|Boston terrier

日本大百科全書(ニッポニカ)「ボストンテリア」の解説

ボストンテリア
ぼすとんてりあ
Boston terrier

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、アメリカのボストンでブルテリアとブルドッグを交配して作出された。顔つきは丸くブルドッグタイプであるが、体つきはブルテリアに似てスマートな犬種である。体形は小形であるが、広い腰、適度の深さと幅のある胸部をしていて、筋肉の発達もよく、ひ弱な感じはしない。短毛で、毛色は黒もしくはブリンドルに、口吻(こうふん)、前額、頸(けい)部、四肢先が白い、いわゆるボストンカラーをしている。尾は短く先細りで、まっすぐか、もしくはねじれている。体重により、6.8キログラム以下、6.8~9キログラム、9~11キログラムと3クラスに分けられている。耳は断耳する。あまり多く飼われていない。

[増井光子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ボストンテリア」の解説

ボストン‐テリア

〘名〙 (Boston terrier) 犬の一品種。一九世紀後半、アメリカのボストンでブルテリアとブルドッグを交配してできた家畜犬。顔つきはブルドッグ、体つきはブルテリアに似る。小形筋肉質で、耳は断耳する。
※禽獣(1933)〈川端康成〉「それは怪しげなボストン・テリアだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android