ボナンパク遺跡(読み)ボナンパクいせき(英語表記)Bonampak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボナンパク遺跡
ボナンパクいせき
Bonampak

メキシコのウスマシンタ川流域にあるマヤ古典期 (300~900) の祭祀遺跡。宮殿の内部に描かれた壁画で有名。壁画は3室にわたり,第1室は王侯の行列,仮面舞踊者,楽隊などの図。第2室は戦闘の場面と勝利を収めた首長と捕虜たちの図。第3室はピラミッド祭壇での儀式の情景で,神々のシンボル,華麗な衣装をまとった踊り手たちの姿が,赤,青,緑,黒,黄,白,褐色などの極彩色で彩られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android