コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルゲン Johan Borgen

世界大百科事典 第2版の解説

ボルゲン【Johan Borgen】

1902‐79
ノルウェーの小説家,劇作家。人間状況の実存的様相を描き,常に新しい様式を追求した。ピランデロ風の《我らの待つ間に》(1938)は,自己の存在証明を恐れる男を描く実験劇。《解放の日》(1963)は悪についての不条理劇である。小説《小公子》(1955)は母からの解放を願う少年を扱った傑作であり,《私》(1959)は自己確認のための罪を求める男の話である。また短編小説にも非凡な才能を発揮した。【毛利 三弥】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルゲン
ぼるげん
Johan Borgen
(1902―1979)

ノルウェーの小説家、劇作家。オスロの弁護士の子に生まれる。近代人の自我の分裂に焦点をあて、その原因を子供時代に根ざす潜在意識に求める心理小説を数多く発表。ハムスン、プルースト、ジョイスと同一線上にある作家。『小公子三部作』(1955~57)では、良家の子がやがては二重人格となり、ナチストとなる過程を描写。ほかにモダニズム小説『自我』(1959)、『赤い霧』(1967)などがある。[山口卓文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボルゲンの関連キーワードノルウェー文学4月28日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボルゲンの関連情報