ボルセナ[湖](読み)ボルセナ

百科事典マイペディアの解説

ボルセナ[湖]【ボルセナ】

イタリア中部,ラチオ州の湖。ローマ北西約80kmにある火口湖。ほぼ円形で直径11〜13km,面積114km2。湖面標高303m。最大水深は145m。魚類は豊富で,湖岸ではブドウ,オリーブが栽培される。
→関連項目ボルセナ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボルセナ[湖]【Lago di Bolsena】

イタリア中部,ラチオ地方の湖。イタリア第4位の湖で火山湖としては最大。面積114km2,深さ114m,標高303m。古代にはウォルシーニ湖,中世にはサンタ・クリスティナ湖とも呼ばれていた。現在も魚影が濃い。北岸のボルセナの町は13世紀にミサの最中に聖体に血滴が出現した奇跡で知られ,これを記念してウルバヌス4世がオルビエト聖堂を建立した。【望月 一史】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android