コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルセナ ボルセナBolsena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルセナ
Bolsena

イタリア中西部,ラツィオ州ビテルボ県にあり,ローマ北北西約 85km,ボルセナ湖の北東岸に位置する町。ボルセナ湖は古代にボルシニエンシス湖と呼ばれた火口湖で,町は湖を見おろす斜面に広がる。古代にはウォルシーニーと呼ばれ,エトルリア人が住んでいたが,前 265年にローマ人に侵略された。現在は保養地として知られ,漁業,醸造が行われる。 10世紀の城,パンから血が流れ出たという「ボルセナの奇跡」で名高い 11世紀の聖クリスティナ聖堂,市北部に古代ローマの円形劇場などがある。人口 4034 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボルセナ

イタリア中部,ラチオ州の町。ボルセナ湖北東岸にあり,ブドウ,オリーブ栽培地の中心。1263年ミサの最中,聖体に血滴が出現した奇跡で知られる。これを記念してウルバヌス4世が近くのオルビエトに聖堂を建立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のボルセナの言及

【ボルセナ[湖]】より

…現在も魚影が濃い。北岸のボルセナの町は13世紀にミサの最中に聖体に血滴が出現した奇跡で知られ,これを記念してウルバヌス4世がオルビエト聖堂を建立した。【望月 一史】。…

※「ボルセナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボルセナの関連キーワードオルビエト大聖堂ボルセナ[湖]ヴルシン岩エトルリア

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android