コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルチ ボルチ Balch, Emily Greene

3件 の用語解説(ボルチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルチ
ボルチ
Balch, Emily Greene

[生]1867.1.8. マサチューセッツ,ジャマイカプレーン(現ボストン)
[没]1961.1.9. マサチューセッツ,ケンブリッジ
アメリカの政治学者,経済学者,平和運動家。ペンシルバニアのブリンマー・カレッジを卒業後,1897年からマサチューセッツのウェルズリー・カレッジで教える。ボストンにセツルメントを設立し,マサチューセッツの産業関連や移民関係の委員会,1914~17年ボストン市計画局などで働いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボルチ

米国の経済学者。マサチューセッツ州生れ。ウェルズリー大学教授を経て国際婦人平和同盟の国際関係事務を主管,1936年その名誉会長。1946年ノーベル平和賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルチ
ぼるち
Emily Greene Balch
(1867―1961)

アメリカの社会改革者、経済学者。法律家の娘としてボストンに生まれる。1889年ブリン・モア大学を卒業、パリ、ベルリンに留学し経済学を学んだ。1896年ウェルズリー大学の教員となり、1913年経済学と社会学の教授に昇格した。この間、女性参政権人種差別反対、年少者労働の制限などの社会運動に参加した。平和問題にも関心をもち、1915年にはオランダハーグ開かれた国際女性会議(後に、平和と自由のための女性国際連盟と改称)に出席し、重要な役割を果たした。第一次世界大戦へのアメリカ参戦に反対し、過激に運動したため、1918年にウェルズリー大学を解雇された。1919年から1922年まで、平和と自由のための女性国際連盟の書記を務めた。1934年にこの組織が財政危機にみまわれたときは無償で活動し、1936年に名誉会長となった。第一次世界大戦後は国際連盟で軍縮、航空の国際管理、薬物問題などのプロジェクトで活躍した。一方、ナチスの勢力が拡大することを心配し、第二次世界大戦ではアメリカの参戦を支持した。1946年に同じくアメリカの宗教家モットとともにノーベル平和賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルチの関連キーワードマサチューセッツ湾植民地マサチューセッツマサチューセッツ・アベニュー・モデル(Massachusetts avenue model)マサチューセッツ州庁舎Seven Sistersマサチューセッツ教育法マサチューセッツ工科大学クレスジ講堂マサチューセッツ族《マサチューセッツの解放》マサチューセッツ養子法

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボルチの関連情報