非道(読み)ヒドウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐どう〔‐ダウ〕【非道】

[名・形動]
人としてのあり方や生き方にはずれていること。また、そのさま。「非道な仕打ち」「極悪非道
専門外のこと。
「この道に至らんと思はん者は、―を行ずべからず」〈花伝・序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひどう【非道】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物事の正しい筋道や、人としての道にはずれていること。また、そのようなさまやおこない。 「極悪-」 「 -なおこない」
志している道とは別のこと。専門外のこと。 「此の道に至らんと思はん者は、-を行ずべからず/風姿花伝」
男色。衆道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐どう ‥ダウ【非道】

〘名〙
① (形動) 道理でないこと。道にはずれること。非理。また、人情にはずれること。常識では考えられないようなひどいこと。また、そのさま。
※勝鬘経義疏(611)十大受章「凡人之情於上楽等故起慢。於下求逼故起瞋。二皆非道」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「ぶつやらふむやらあらけなく、ひどうのてうちゃく」 〔書経‐太甲下〕
② 専門外の道。
風姿花伝(1400‐02頃)序「先、此道に至らんと思はん者は、非道を行ずべからず」
衆道男色。美道。
浮世草子・男色大鑑(1687)八「天竺にては非道といふもおかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非道の関連情報