非道(読み)ヒドウ

  • ひどう ‥ダウ
  • ひどう〔ダウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
人としてのあり方や生き方にはずれていること。また、そのさま。「非道な仕打ち」「極悪非道
専門外のこと。
「この道に至らんと思はん者は、―を行ずべからず」〈花伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
物事の正しい筋道や、人としての道にはずれていること。また、そのようなさまやおこない。 極悪- -なおこない
志している道とは別のこと。専門外のこと。 此の道に至らんと思はん者は、-を行ずべからず/風姿花伝
男色。衆道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 道理でないこと。道にはずれること。非理。また、人情にはずれること。常識では考えられないようなひどいこと。また、そのさま。
※勝鬘経義疏(611)十大受章「凡人之情於上楽等故起慢。於下求逼故起瞋。二皆非道」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「ぶつやらふむやらあらけなく、ひどうのてうちゃく」 〔書経‐太甲下〕
② 専門外の道。
※風姿花伝(1400‐02頃)序「先、此道に至らんと思はん者は、非道を行ずべからず」
③ 衆道。男色。美道。
※浮世草子・男色大鑑(1687)八「天竺にては非道といふもおかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非道の関連情報