コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロジノの戦い ボロジノのたたかいBattle of Borodino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロジノの戦い
ボロジノのたたかい
Battle of Borodino

1812年モスクワの西方 120kmのボロジノロシア軍とナポレオン軍との間で行われた激戦。同年9月7日 (旧暦8月 26日) ,M.I.クトゥーゾフ将軍指揮下の 13万 2000のロシア軍と,ナポレオン1世指揮下の 13万 5000のフランス軍が交戦し,ロシア側は4万 4000,フランス側は5万 8000 (フランスの史料によると3万) の犠牲を出したが,勝敗は決らず,ロシア軍は戦力維持をはかるクトゥーゾフの命令で,兵をモスクワに引揚げた。この戦いの模様はトルストイの『戦争と平和』のなかにいきいきと描かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロジノの戦い
ぼろじののたたかい

1812年9月7日(露暦8月26日)モスクワの西方124キロメートルのボロジノБородино/Borodino村で行われたロシア軍とナポレオン軍との戦闘。ロシア軍は兵力13万2000、砲624門を有し、これに対してフランス軍は兵力13万5000、砲587門と、両者の勢力はほぼ拮抗(きっこう)していた。後年ナポレオンが「かつて自分の経験したもっとも激しい戦い」と語ったこの戦闘は、同日の朝5時半に始まり、日没に終わった。この戦闘で、ロシア軍側は23名の将軍を含む4万4000の死傷者を、フランス軍側は47名の将軍を含む3万(ロシアの資料では5万8000)の死傷者を出したが、ついに勝敗は決しなかった。フランス軍はロシア軍の陣地を占領したことで、他方ロシア軍はフランス軍のモスクワ進入を食い止めたことで、両軍はそれぞれ勝利を宣した。しかし翌日になって、ロシア軍総司令官のクトゥーゾフは全軍を撤退させ、ボロジノをナポレオン軍に引き渡した。しかし、ナポレオンの期待に反してロシアの捕虜は意外に少なく、ロシア側の戦闘意欲の高いことが示された。トルストイは『戦争と平和』のなかでこの戦闘の模様を描いている。[外川継男]
『両角良彦著『1812年の雪』(1981・筑摩書房) ▽アンリ・トロワイヤ著、工藤庸子訳『アレクサンドル1世』(1982・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボロジノの戦いの関連キーワード第2次英米戦争サンマティアス湾リシュリュー川グラハムズタウンボブルイスクアメリカ=イギリス戦争第2次英米戦争ウェブスターグリースバハウィリアムズ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone