コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロボロノキ ボロボロノキSchoepfia jasminodora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロボロノキ
Schoepfia jasminodora

ボロボロノキ科の落葉小高木。九州,沖縄などの山地に生え,秋になると葉とともに大部分の小枝も落下する。葉は互生し卵形で全縁,長さ4~6cmあって革質である。春に,葉腋に筒形の黄色い花をまばらにつける。果実は黒熟する。和名は材が非常に柔らかいことによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボロボロノキ【Schoepfia jasminodora Sieb.et Zucc.】

高さ3~10mになるボロボロノキ科の落葉小高木。枝は屈曲が多く,節部がやや肥大する。新枝の多くは落葉期に落ちる。葉は長さ4~7cmの広卵形~長卵形,全縁,やや革質で,せまい翼のある短い葉柄をもち,互生する。花は淡黄白色,先が4裂した筒状の小花で,春,葉腋(ようえき)に生じた小さい花序に3~5花をつけ,芳香がある。果実は長さ約8mmの楕円形の石果で,赤色~紫黒色に熟する。九州,琉球,中国に分布する。枝がもろく,折れやすいのでボロボロノキという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロボロノキ
ぼろぼろのき
[学]Schoepfia jasminodora Sieb. et Zucc.

ボロボロノキ科の落葉小高木。全株無毛。高さ5~10メートル。小枝はもろく、折れやすいので名がついた。葉は三角状卵形または卵形で長さ5~6センチメートル、幅3~4センチメートル、全縁で先端は尾状にとがる。3~4月、葉腋(ようえき)に総状花序をつくり、芳香のある黄白色を帯びた花を数個開く。花冠は筒状で長さ5~7ミリメートル。子房は3室で半下位。核果は楕円(だえん)状球形で長さ約8ミリメートル、赤色に熟す。常緑樹林内に生え、九州南部、沖縄、および中国に分布する。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボロボロノキの関連キーワードぼろぼろの木