紅鉛鉱(読み)こうえんこう(英語表記)crocoite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅鉛鉱
こうえんこう
crocoite

PbCrO4単斜晶系の鉛とクロム鉱物。紅 (べに) 鉛鉱ともいう。硬度 2.5~3,比重 6.0。深紅色または紅黄色。ガラス光沢柱面に平行な条線の発達した柱状結晶。元素のクロムが発見 (1797) されたのはこの鉱物からである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅鉛鉱
こうえんこう
crocoite

正クロム酸第一鉛の鉱物。元素クロムは、1797年ロシアのウラル地方ベレソフスクBeresovsk産の本鉱物から初めて発見された。自形は美しい赤橙色の単斜柱状結晶で、菱形(ひしがた)の断面と錐(すい)面をもつ。おもに深所生成の鉛鉱床の酸化帯中にほかの鉛二次鉱物と共存して産するほか、超塩基性岩中に単独で脈をなすこともある。日本での産出は知られていない。原子配列は、モナズ石と同構造である。英名は色の類似からギリシア語のサフランを意味するクロコスに由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android