ボージュ山脈(読み)ぼーじゅさんみゃく(英語表記)Vosges

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス北東部の山塊。長さ125キロメートルにわたり、アルザスとロレーヌ両地方にまたがって位置する。古生代にヒルカニヤ造山運動によって形成された古い褶曲(しゅうきょく)山脈で侵食が進んでおり、最高点は標高1424メートル(グラン・バロン山)とあまり高くない。所々に侵食から取り残されたバロンとよばれる半球状の峰と、山脈を東西に横断する峠がある。年降水量は1200~1500ミリメートルで積雪も多い。ライン川の河谷に面する南東斜面に比べ、北西斜面は緩傾斜で、偏西風の影響により雨量も多く、年降水量2000ミリメートルを超える所もあり、モミ、ブナなど植生もより豊かである。地質的にはより高度の高い南部の結晶岩質ボージュと北部の砂岩質ボージュに二分される。散村地帯であるが、豊富な水資源により水力発電、亜麻(あま)・綿織物工業が盛ん。中心都市はエピナルとサン・ディエ。

[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android