コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードアン・ド・クルトネー ボードアン・ド・クルトネー Baudouin de Courtenay, Jan Ignacy Niecisław

2件 の用語解説(ボードアン・ド・クルトネーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボードアン・ド・クルトネー
ボードアン・ド・クルトネー
Baudouin de Courtenay, Jan Ignacy Niecisław

[生]1845.3.13. ラジミン
[没]1929.11.3. ワルシャワ
ポーランドの言語学者。プラハベルリンイェナライプチヒインドヨーロッパ語族を研究し,1870年博士。その後カザンで研究,教育に専念し,言語に対する体系的構造的見方,共時論と通時論,音素など,ソシュールとかなり共通する考え方を提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボードアン・ド・クルトネー
ぼーどあんどくるとねー
Jan Ignacy Niecisaw Baudouin de Courtenay
(1845―1929)

ポーランド生まれの言語学者。ロシア名Иван Александрович Бодуэн де Куртенэ。サンクト・ペテルブルグ、カザン、ドルパト(タルトゥ)、クラクフ、ワルシャワその他の大学などを種々の理由で転々としたが、その間にクルシェフスキポリワーノフら数多くの優れた言語学者を育てた。学説としては、文字と音、音と音素、共時態と通時態、言語(ラング)と言(パロール)、それぞれの区別の必要性を説いていたほか、言語の進化の説明に際しての「エコノミー」なる概念の適用など、多くの斬新(ざんしん)な考えを、すでに1870年代より展開していた。このため、今日では、ソシュールの先駆者の一人、あるいはソシュールと並ぶ構造言語学の創始者とすら評価する者もある。一般言語学以外に、スラブ語学(ことにタイポロジー)、比較言語学の業績も少なくない。
 また、ダーリVladimir Ivanovich Dalの『大ロシア語詳解辞典』の改訂者としても知られている。プラハ言語学サークルの機能構造主義、ことに音韻論には、ボードアンの影響が看取される。[桑野 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボードアン・ド・クルトネーの関連キーワード自民党油染みるウラジミルツォフシジミの日NアセチルガラクトサミンNアセチルキトサミンNアセチルムラミン酸アルジミンウジミナスラジミチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone