コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語類型論 げんごるいけいろん

2件 の用語解説(言語類型論の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

言語類型論【げんごるいけいろん】

様々な側面においてみられる言語の多様性をいくつかの類型(タイプ)にまとめ,さらに諸言語を系統とは関係なくそれらに分類する研究。形態論的手法では孤立語膠着語屈折語抱合語への分類法,統辞面では主語,目的語,述語の相対的語順による分類法,音韻論では母音体系のタイプ,あるいは弁別的特徴による分類法などが知られる。
→関連項目フンボルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんごるいけいろん【言語類型論】

言語分類の方法の一つ。何千といわれる世界中の言語を分類するおもな方法には,(1)系統的,(2)地理的,(3)類型論的分類,の3種類がある。(1)は同一の源となる言語(祖語)から分岐したか否かを基準とするいわゆる言語系統論の分類で,それによりインドヨーロッパ語族,セム語族などといった語族分けが行われる。(2)は言語の地理的分布に基づく分類で,系統とは無関係に特定の地域に行われる言語を一グループとしてまとめるものであり,バルカン言語圏などもこの分類に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

言語類型論の関連キーワード形態論言語分析語源学点推定読唇術文化遺産雀目国際標準職業分類三点試験法曝気酸化池法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone