ボーベ(英語表記)Beauvais

デジタル大辞泉の解説

ボーベ(Beauvais)

フランス北部、オー‐ド‐フランス地域圏オワーズ県の県都。テラン川沿いに位置し、交通の要衝として諸工業が発展。13世紀に着工されたゴシック様式サンピエール大聖堂は、建築中に崩壊して未完成のままだが、完成すれば同国最大級といわれる。17世紀以来、ボーベ織と称される伝統手織が盛んで、国立ボーベ織工房がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボーベ【Beauvais】

フランス北部,オアーズ県の県都。パリの北76kmに位置する。人口5万2365(1982)。ガリア時代に始まり,中世都市として繁栄した。1096年都市自治権を獲得。中世より18世紀にかけてはフランス毛織物工業の中心地の一つであり,1664年にはコルベールによって王立タピスリー工場が創設され,タピスリーの産地として知られた。11世紀以来,司教座が置かれる。現在は政治の中心ではあるが,経済面では遅れをとり沈滞している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーベ
ぼーべ
Beauvais

フランス北部、オアーズ県の県都。人口5万5392(1999)。パリの北北西76キロメートルにあり、テラン川に臨む。第二次世界大戦中の1940年に戦災を受けたが復興した。パリに近接し、道路・鉄道網の要衝であり、飛行場もあり、工業化(自動車部品、農機具、化学など)が進んでいる。ローマ属州ガリアの時代からある古都で、多くの中世建築物があったが戦災で失われた。1247年建築開始のサン・ピエール寺院が残っており、完成していればゴシック寺院としては最大級のものとして有名。17世紀以来の綴織(つづれおり)が盛んで、綴織の国立美術館がある。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android