コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーンデジタル born digital

デジタル大辞泉の解説

ボーン‐デジタル(born digital)

《bornは生まれつきの意》初めからデジタルデータとして作成されたコンテンツ。主にデジタルアーカイブの分野で使われる用語で、古文書・書籍・絵画・写真・レコード・フィルムといったアナログ素材をデジタル化したデータではなく、作成された時点ですでにデジタルデータとなっている文書・画像・音楽・動画などを指す。→デジタルファースト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

ボーンデジタル

作成,発生当初からデジタル形式で記録され,印刷されたメディアを持たず,電子メディアによってのみ作成され流通する情報をいう.冊子体が刊行されず,電子体のみが発行される電子ジャーナルや電子書籍,多くのウェブサイトが該当する.ボーンデジタルにおいては情報の検索や管理を可能にする適切なメタデータ付与や長期的観点に立ったデジタル情報保存体制の構築が不可欠である.電子ジャーナルについては電子ジャーナル・アーカイブの構築による永続的保存が行われている.また,ウェブサイトなどに関しても国立図書館などでの保存の取組が開始されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

ボーンデジタルの関連キーワード映画保存

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android