コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッツォーリ ポッツォーリ Pozzuoli

2件 の用語解説(ポッツォーリの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポッツォーリ(Pozzuoli)

イタリア南部、カンパニア州の都市。ナポリ西郊に広がる火山性のカルデラ盆地、フレグレイ平野に位置し、ナポリ湾に面する。イスキア島プロチダ島と航路で結ばれる。ナポリを中心とする臨海工業地帯に含まれ、漁業も盛ん。紀元前6世紀に古代ギリシャの町が築かれ、続いて古代ローマの支配下に置かれ海洋交易の拠点として栄えた。今も古代ローマ時代の円形劇場、浴場、神殿などの遺跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポッツォーリ
ぽっつぉーり
Pozzuoli

イタリア南部、カンパニア州ナポリ県の工業都市。人口7万8758(2001国勢調査速報値)。ナポリ市西方14キロメートルに位置し、ナポリ湾に面する。東隣のバニョーリとともに、ナポリを中心とする臨海工業地帯の一角を占め、製鉄、機械、造船、繊維、食品、化学などの工業が行われる。古代ローマ時代にはプテオリPuteoliとよばれ、拠点港として繁栄した。イスキア島への連絡港。周辺はカンピ・フレグレイCampi Flegreiとよばれる火山地域で、1538年の噴火で著名な新山「モンテ・ヌオボ」が誕生した。多彩な噴気孔や温泉に富み、地震がよくおき、地盤も不安定。1982~84年に市内で有感地震が約2万回あり、地盤が約180センチメートル隆起、ビル崩壊などの被害も生じて市民約3万人が郊外に疎開した。1970~72年にも同様な異変がおきた。[堺 憲一・諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポッツォーリの関連キーワードソレントサンタルチアカステッランマーレディスタビアカロリーノの水道橋サンセベーロ礼拝堂スパッカナポリナポリ王宮ナポリ大聖堂プレビシート広場ボーメロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポッツォーリの関連情報