ポメラニア

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポメラニア
ぽめらにあ
Pomerania

ヨーロッパ北東部、オーデル川がバルト海に注ぐ河口を挟んでドイツとポーランドの沿海部を東西に延びる地域の歴史的名称。ドイツ語名ポンメルンPommern、ポーランド語名ポモジェPomorze。現在は、オーデル川以東および西の一部がポーランドに属し、西部の残りがドイツに属してメクレンブルク・フォアポンメルン州を構成している。「フォア(前部)ポンメルン」も西部地域の歴史的名称。東部はドイツ語で「ヒンター(後部)ポンメルン」である。
 もとスラブ人の居住地だが、12世紀に西スラブ人の貴族グライフェン家が勢力を得て神聖ローマ帝国の諸侯に列し、キリスト教の布教とドイツ人の植民が行われ、グライフスワルト、シュテッティン(ポーランド語名シュチェチン)などのドイツ都市も建設された。他方農村では16世紀以降グーツヘルシャフト(農場領主制)が発展している。グライフェン家は1637年に断絶、ウェストファリア条約で東部ポメラニアはブランデンブルク・プロイセンに、西部ポメラニアはスウェーデンに与えられたが、後者も1815年までにすべてプロイセンに帰し、両者あわせてプロイセン王国の一州をなした。第二次世界大戦後、東部ポメラニア(シュテッティンと西の一部を含む)はポーランド領となり、西のフォアポンメルンは旧東ドイツ(ドイツ民主共和国)のメクレンブルク州に編入されたが、1990年のドイツ再統一にあたりメクレンブルク・フォアポンメルン州に再編された。[坂井榮八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のポメラニアの言及

【ポモジェ】より

…ポーランド北西部,バルト海沿岸地方の名称。ポモジェはポーランド語で〈沿岸部〉を意味し,英語でポメラニアPomerania,ドイツ語でポンメルンPommernという。ポモジェ地方はポーランドとプロイセンの勢力が複雑にかかわりあった歴史をもつが,1945年のポツダム会談でその大部分がポーランド領となった。…

※「ポメラニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android