ポリブタジエン

デジタル大辞泉 「ポリブタジエン」の意味・読み・例文・類語

ポリブタジエン(polybutadiene)

ブタジエン重合体合成ゴムの一。構造の違いから3種がある。耐摩耗性・耐寒性にすぐれたものはタイヤベルトなどに用い、また熱可塑性ねつかそせい樹脂を加えるなどして機械部品や包装用フィルムなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ポリブタジエン」の意味・読み・例文・類語

ポリ‐ブタジエン

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] polybutadiene ) ブタジエンの重合体。合成ゴム一つ。耐摩耗性、耐寒性にすぐれたものはタイヤ、ベルトなどに、また熱可塑性樹脂などを加えて機械部品や包装用フィルムなどに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「ポリブタジエン」の解説

ポリブタジエン
ポリブタジエン
polybutadiene

一般式で表されるブタジエンの重合体.単量体の結合様式に応じ,立体構造はシス-1,4,トランス-1,4,および1,2構造に分けられ,後者はさらにイソタクチックシンジオタクチック立体異性が存在する.主としてシス-1,4構造のポリマーは,チーグラーの立体特異性触媒で得られ,この加硫物は弾性に富み,耐摩耗性は大きく,天然ゴムより耐熱性が大きいなど,すぐれた特徴をもつゴム合成として工業化されている.そのほかミクロ構造は異なるが,ブチルリチウム触媒によるものや,乳化重合などによって得られた重合体もゴムとして使用されている.[CAS 9003-17-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ポリブタジエン」の意味・わかりやすい解説

ポリブタジエン
ぽりぶたじえん
polybutadiene

ブタジエンCH2=CHCH=CH2の重合体(ポリマー)で、ブタジエンゴムともいわれる。略称PBR。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ポリブタジエン」の意味・わかりやすい解説

ポリブタジエン

ブタジエンゴム」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android