ポリブタジエン

化学辞典 第2版「ポリブタジエン」の解説

ポリブタジエン
ポリブタジエン
polybutadiene

一般式で表されるブタジエンの重合体.単量体の結合様式に応じ,立体構造はシス-1,4,トランス-1,4,および1,2構造に分けられ,後者はさらにイソタクチックシンジオタクチックの立体異性が存在する.主としてシス-1,4構造のポリマーは,チーグラーの立体特異性触媒で得られ,この加硫物は弾性に富み,耐摩耗性は大きく,天然ゴムより耐熱性が大きいなど,すぐれた特徴をもつゴム合成として工業化されている.そのほかミクロ構造は異なるが,ブチルリチウム触媒によるものや,乳化重合などによって得られた重合体もゴムとして使用されている.[CAS 9003-17-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ポリブタジエン」の解説

ポリ‐ブタジエン

〘名〙 (polybutadiene) ブタジエンの重合体。合成ゴムの一つ。耐摩耗性、耐寒性にすぐれたものはタイヤ、ベルトなどに、また熱可塑性樹脂などを加えて機械部品や包装用フィルムなどに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android