コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリュグノトス Polygnōtos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリュグノトス
Polygnōtos

[生]前500頃
[没]前440頃
古代ギリシアの画家。サソス島出身。前 475~450年頃アテネを中心に活躍。ミコンとともにギリシア絵画の最初の大画家。彼は4分の3正面に配した人物に表情を与え,それらの人物を高低に配することによって遠近法を示し,大きな画面をみごとに処理したと伝えられる。作品は現存しないが,ギリシアの旅行家パウサニアスその他の人々により,アテネのストア・ポイキレ,デルフォイのクニドス人の公会堂に描いた『トロイ落城』の大壁画は彼の傑作と伝えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポリュグノトス

前5世紀のギリシアの画家。タソス島生れ。前古典期のギリシア絵画の大成者といわれ,アテナイのストア・ポイキレやデルフォイの大会堂に壁画を描いたと伝えられるが,伝存作品はなく,当時の若干の壺絵によって作風の一端が想像されるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリュグノトス【Polygnōtos】

古代ギリシアの画家。生没年不詳。タソス島に生まれ,前470年から前440年ころにかけてアテナイで活躍。アテナイのストア,ヘファイステイオン,デルフォイのクニドス人のレスケ(集会場)などにすぐれた壁画を描き,ギリシア絵画の最初の巨匠とされた。その遺作はないが,古代の文献が伝えるところでは,彼の描いたアテナイのストア・ポイキレの《イリウ・ペルシス(トロイア落城)》の絵は深い人間性を表現した当代の傑作とされ,その高い精神性の表明はオリュンピアのゼウス神殿やパルテノンの彫刻に影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリュグノトスの関連キーワードゼウクシス[ヘラクレイア]ニオビーデの画家パナイノス歴史画

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android