コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルタワ

世界大百科事典 第2版の解説

ポルタワ【Poltava】

ウクライナ北東部の都市。人口32万(1991)。1174年にロシア年代記に初めてルタワLtavaの名で言及される古都であるが,その名を世界史に残したのは北方戦争(1700‐21)であった。ロシアに侵攻したスウェーデンのカール12世の軍隊は,1709年5月,ウクライナ・コサックの首長マゼパと手を結び,要衝ポルタワを包囲したが,7月ロシア皇帝ピョートル1世の軍隊の攻撃をうけ大敗を喫した。このポルタワの戦は,北方戦争の帰趨(きすう)を制した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポルタワの関連キーワードエマヌエル カザケーヴィチミハイル ゾーシチェンコI. ドゥナエフスキーY. ポベレンスキーアントン マカレンコピョートル[1世]カール[12世]ストラレンベルグルナチャルスキークラフチンスキーV. プレーベクレメンチュクゾーシチェンコポドゴールヌイマカーレンコロモノーソフG. ガポンマカレンコナルバの戦ゴーゴリ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android