コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルデノーネ ポルデノーネ Pordenone

3件 の用語解説(ポルデノーネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルデノーネ
ポルデノーネ
Pordenone

[生]1483頃.ポルデノーネ
[没]1539.1.14. フェララ
イタリアの画家。本名 Giovanni Antonio de' Sacchis。 P.ダニエレその他のフリウリ派の画家を師にもったが,ベネチア派,特にティツィアーノの影響を受けた。 1515,16年頃ローマに滞在。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポルデノーネ
ポルデノーネ
Pordenone

イタリア北東部,フリウリベネチアジュリア州ポルデノーネ県の県都。ベネチアの北東約 65km,ピアベ川の支流沿岸に位置する。アルプスアドリア海からほぼ等距離にある。ローマ時代に河港として発達,中世にはベネチアの支配下におかれ,市街にはゴシック様式,ベネチア様式の建物が多く残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポルデノーネ
ぽるでのーね
Pordenone

イタリア北東部、フリウリ・ベネチア・ジュリア自治州ポルデノーネ県(1968発足)の県都。人口4万8599(2001国勢調査速報値)。ベネト平野にある工業都市で、農産物の集散地。多様な工業活動が展開するが、とくに家庭用電化機器の生産地として知られる。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポルデノーネの関連キーワードノーネクタイゴールデン・サークルのオーネット・コールマンノート デ ノートウロポルフィリノーゲンウロポルフィリノーゲンIII合成酵素欠損コプロポルフィリノーゲンコプロポルフィリノーゲンオキシダーゼプロトポルフィリノーゲンオキシダーゼペルディゲロ・ポルトゥゲスヌーネス=バレト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone