コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーク海峡 ポークかいきょうPalk Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーク海峡
ポークかいきょう
Palk Strait

インド半島とスリランカをへだてる海峡の北半分をいう。アダムズブリッジによって,南半のマンナール湾とへだてられる。東側はポーク湾。長軸 (南西-北東) 140km,幅 64~140km。スリランカ領の多数の島がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポーク‐かいきょう〔‐カイケフ〕【ポーク海峡】

Palk Strait》インド南部、タミルナドゥ州のカリメール岬とセイロン島のペドロ岬(ポイントペドロ)を隔てる海峡。幅55キロメートル。カーベリ川とバイガイ川が運ぶ土砂が流入する大陸棚にあるため、水深が浅く、大型船は航行できない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポーク海峡【ポークかいきょう】

インドのデカン半島とスリランカの間の海峡。幅約60〜100km。小島がつらなるアダムズ・ブリッジの南はマンナール湾となる。暗礁が多く航行困難。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポークかいきょう【ポーク海峡 Palk Strait】

インド半島南東端とスリランカ北端をへだてる海峡。幅60~100km,長さ150km。海峡全体が大陸棚にあるうえ,カーベーリ川,バイガイ川などから大量の土砂が流入して海峡の両側から巨大な砂嘴(さし)がのび,また水深が10mと浅いため大型船舶の航行は不可能である。海峡北部ではインド側からカリメール岬,スリランカ側からペドロ岬が向かい合い,また南部には小島が連鎖してアダムズ・ブリッジAdam’s Bridgeと呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーク海峡
ぽーくかいきょう
Palk Strait

インド南部のカーベリ川三角州先端のカリメール岬と、セイロン島最北端のペドロ岬の間の海峡。幅55キロメートル。ここより南西側はポーク湾で、二つの島とアダムズ・ブリッジとよばれる浅瀬によってさらに南のマンナール湾とくぎられる。北東側はベンガル湾である。大陸棚上にあり、水深は浅い。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポーク海峡の関連キーワードラーマナータプラムカンケサントゥライネドゥンティブ島ナイナティブ島タミルナドゥ州ラーメスワラムカライティブ島マンナール島ベラナイ島インド遠泳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android