コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マアッリー al‐Ma‘arrī

2件 の用語解説(マアッリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マアッリー【al‐Ma‘arrī】

973‐1057∥58
シリア,マアッラ・アンヌアマーン生れの特異な詩人。4歳のとき天然痘により失明したが,博覧強記で知られた。当時文芸が栄えていたアレッポで学んだが,これに飽き足らず,30歳余でバグダードに遊学している。しかし失意のうちに彼は首都を辞して故郷に帰るが,その間に最愛の母は他界していた。その後この盲目詩人は,長い世捨人の生活を送っている。人生の無常にたいする深い諦念,社会生活無軌道ぶり,愚かな為政者,既成宗教にたいする冷やかで辛辣な批判は,彼の詩作を比類ないものにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マアッリー
まあっりー
Ab 'l-‘Al al-Ma‘arr
(973―1057)

アラビアの詩人。北シリアで生まれた。若くして盲目となる。バクダードで仕官を志したが、不遇のうちに故郷へ隠退し、著述と詩作に専念した。初期の詩は『サクト・アッ・ザンド(燃え木の輝き)』に、後期の詩は『ルズーミーヤート』(正式には『ルズーム・マー・ラー・ヤルザム』。不可欠ではない義務の意で、韻律のむずかしさをさす)に収められている。初期には詩人ムタンナッビーの影響が認められるが、後期にはペシミズムが色濃くなり、孤高を誇るようになる。
 散文体の代表作は『ゆるしについての書』(1032)である。これは二部からなり、第一部で著者の楽園と地獄への訪問が語られている。この作品はダンテ『神曲』の構成に影響を及ぼしたと考えられている。また、近代アラビア文学の巨匠の一人ターハー・フセインにもその影響がみられる。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マアッリーの関連キーワードシリアル転送アッシリアアッラーカステッラーナグロッテハールーンアッラシードベンベラポルトフェッライオダッラピッコラカセッラ(カゼッラ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone