コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウリキウス マウリキウス Mauricius Flavius Tiberius

2件 の用語解説(マウリキウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウリキウス
マウリキウス
Mauricius Flavius Tiberius

[生]539頃.カッパドキア
[没]602. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 582~602) 。公証人の出身で,のち軍人となり,対ササン朝ペルシア戦で軍功をあげた。チベリウス2世の没後,582年8月即位。同年アバール族のドナウ南下が始り重要都市が次々に陥落した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マウリキウス【Mauricius】

539ころ‐602
ビザンティン帝国の皇帝。在位582‐602年。対外的にはササン朝ペルシア内の内紛に際してホスロー2世の即位を援助し(591),これと友好関係を結び,ラベンナ(584)とカルタゴ(591)には帝国の西方領を守る橋頭堡として総督府を置いた。しかしバルカンではスラブとアバール族の南進を防ぎきれず,逆にドナウ越冬軍の反乱と,重税策による市民の離反にあい,対立皇帝フォーカスによりその地位を奪われ処刑された。【和田 広】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マウリキウスの関連キーワードビザンチン帝国ビザンチン文化ビザンティン帝国ユスティニアヌス[1世]サムイルテオドロス[1世]ビザンティン音楽ミハエル[8世]ヨハネス[8世]ビザンティン皇帝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone